診療日記(画像あり)

2014年6月 6日 金曜日

診療日記第122話 第2回不良中年愚息改造日記シリコンボールおかわり その3最終回(画像あり)

注)今回も患者さまが書いた診療日記を掲載します。大好評だった続編の最終回です。

さていよいよ実践です。
実は今回、非常に早い段階で実践に望みました。
その1では術後のケアについて色々記載しておりましたが、今回は施術後の経過が非常に良好なため、オー氏にも相談の上、通常よりも早い実践となりました。

実践段階で傷は完治(全く痛みも腫れもありませんでした)していましたし、挿入されたシリコンボールも竿と馴染んでいるように感じていました。

私の行為は今時のAVやSEX指南本にあるような行為とは全く違い、ほぼ即入れです。
(理由と姫達のコメントは後述します。)
臨戦態勢を整えた姫にゆっくりと挿入すると「しみるんです。」傷に塩水をひたしたような刺激を感じます。
しかし、しばらく挿入したままじっとしていると少しずつチクチクした刺激がひいていきました。
正常位でのピストンをショートカットし、体位を変え騎乗位で深く挿入し中を擦るように
あわせて、恥骨をすり合わせると5分も経たずに姫はあっと言う間に昇天してしまいました。

ポイント!
姫の話では、リングの時より膣内のオルガスポットをより強く刺激され、とても深い快感を得る事が出来たようです。


その後若干の休憩。姫からの口奉仕後再び正常位で挿入。先ほどのようなチクチクした刺激が無かったので、いつもよりもゆっくりとヒストンを始めると、Gスポットを刺激された姫はまたまた昇天。
膣内が締まり愚息を締めつけたとたん「しみる」新しいボールの周辺は強い刺激に襲われました。
予測はしていたのですが、まだボールと竿が馴染みきってないようで、当日は姫に締め付けられるたびにチクチクと強い刺激を我慢しなければなりませんでした。

メイルクリニックより
皮膚再生力が超人的でしたのでOKしてしましいましたが、シリコンボール挿入7日目の行為はかなり早過ぎましたね。スミマセンm(。・ε・。)mでした。
とは言え、増築後記念すべき第1回目の行為を無事終了しました。その後腫れを心配していたのですが、当日、翌日とも全く問題無し。実践前より定着度合いも増したようです。
前述のように姫の喜びは想像以上のものでした。


すでに記述していますが、シリコンボールやシリコンリングの挿入を考えていらっしゃる方々は巷のネガティブ情報に惑わされる事なく、是非名古屋メイルクリニックでのカウンセリングをオススメします。

メイルクリニックより
シリコンボールやシリコンリングにご興味のある方は、まずは無料カウンセリングにお越し下さい。ご希望に応じた的確なアドバイスを致します。パートナー(奥様、彼女)との同伴も可能ですよ。但し無料カウンセリングにも予約が必要です。宜しくお願いします。


本日の治療 
シリコンボール挿入 大サイズ×1ヶ ¥54,000円(税込)

シリコンボール挿入10日目。まさに、百獣の王!!!


以降は名古屋メイルクリニックの施術とは完成ありませんので、HP診療日記には掲載されないかも知れませんが、私の行為について記述させていただきます。

メイルクリニックより
男の魂を振るい立たせる内容ですので、是非皆さん最後まで読んで下さい。


番外編
私は45歳を境に「即入れ派」に転向しました。
30代から40代前半にかけて、2股、3股はあたりまえの生活を送っていた時期は、豊富なバリエーションの前戯と電マ(当時はほとんど使われていませんでしたが)の力で姫たちを昇天させていました。
今どきのAVよろしく、手マンや電マで昇天させ、その後に挿入。自身はその時の気分で、
射精をコントロールし体力を温存させ、1日数人との逢瀬を楽しんでおりました。

しかしある女性との出会いが私を目覚めさせてくれたのです。
少しキザですが「本当に求め合う男女に前戯は不要であり、真の交合でのみ得られる深い快楽こそがお互いを癒す」事を知りました。
極論すれば手マンや電マを主体とした行為は相互オナニーであり、お互いが求め合い、そのリピドーを昇華させる行為が本当のSEXだという事です。
(あくまでの私見ですので、ご意見、ご批判を承るつもりはありません。)

諸兄もご経験が御ありと思いますが、求め合う2人が初めて行為におよぶ時、互いの高まりが頂点に達していれば、女性の受け入れ態勢は整っているものです。
つまり、前戯は不要と言う事です。
そして、初めての交合でシッカリとそして何度も女性を昇天させれば、2回目以降もキスや女性による口奉仕が快楽を想起させ(パブロフの犬です)「即入れ」が可能となります。

以上のようなスタンスでの行為にとっては男性自身の力強さが不可欠です。
そして、その力強さを補充する最高の武器を名古屋メイルクリニックで身につける事が出来ました。

生涯現役を目指す不良中年にとって、名古屋メイルクリニックとの出会いは必然であったようです。
諸兄も「男になりたい、男でありたい、男で死にたい。」
この言葉を噛み締めてみて下さい。


投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事